2018-4-15【vol.11】

雨が降る盛岡です。まだ肌寒く、雨に濡れる路面、大地、川を眺め、いだきしん先生焙煎黒い珈琲と結工房にて創られたシフォンケーキを頂きました。以前から雨が降る日のしっとりとした空気の中で珈琲を頂く時に何故か幸せを感じます。人と共に生きるぬくもりを感じるのです。今日も美味しい珈琲をいただくことから一日がはじまりました。
 一日の最後にもいだきしん先生焙煎によります黒いヤルガッチャフェを淹れました。コーヒーからの通信は、美しい生命に無限にはたらきかけてくれるおおいなる存在と共に在る時、未来は無限に拓かれるとの通信です。生命の汚れははたらきかけを遮ってしまいますが、美しい生命にはどんな時もはたらきかけが注がれ、光満ちる世界が拓かれると見え、おおいなる希望を抱きました。とっても美味しい珈琲でした。心満ち、一日を終えることが出来、ありがとうございます。
高麗恵子

0 comments on “2018-4-15【vol.11】Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です